Fighting Hospital Acquired Infections | Trelleborg Sealing Solutions

Fighting Hospital Acquired Infections

シリコーンチューブとAPIの組み合わせる方法について

Fighting Hospital Acquired Infections

 シールシステムを構成する全ての要素は全体として共に作用しなければなりません


ヘルスケア関連の感染症は患者の安全にとって大変重要な事案です、しかしながらその大部分は予防可能となっています。ヘルスケア関連の感染症は、医療処置や治療を受けている患者の生存率に大きく影響を及ぼすため、このような感染症を最小化することが世界的にも注力分野となっています。院内感染を減少させるいくつかの成功事例があるものの、依然として大きな課題となっています。特に、カテーテルに関連した感染症は、カテーテル固有の位置問題(体内への挿入・抜去)から予防することが難しくなっています。

一般的にカテーテルチューブはシリコーン製となっており、シリコーン自体は生体適合性を有し、生体的に安定した材料ですが、細菌定着を防ぐことはできません。しかしながら細菌定着を低減させるいくつかの技術があります。

  • スプレーやディッピングにより抗生API(Active Pharmaceutical Ingredient)コーティングをシリコーンカテーテルに施す
  • 抗生APIをシリコーン原料に添加する
  • 架橋シリコーンに抗生APIを含浸させる 

本ホワイトペーパーでは、これら3つの技術の概要を説明し、カテーテルに関連する感染症を防止するためAPIとシリコーンチューブを組み合わせた含浸方法の効果をテスト結果により示し紹介しています。 

注意:当社のホワイトペーパーの閲覧にはWebメンバー登録が必要となります。